• 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山

葛川漁協

ホームページ

大津市葛川坊村町237-37

TEL 0775992120

FAX 0775992130

葛川漁協の釣果情報

  • 2020.04.07

    2020.04.07 最近の釣果です。なかなか新しい情報が入らなくてやや古い情報ですが、4/5の釣果が出ています。やはり漁協より上流、郵便局前、坂下集落辺りで、匹数が出ているようです。数としては20~30が出ています。15㎝から20㎝クラスが多いようです。何かと出づらい状況ですが魚も虫たちも活発に動き回る時節、体調に気を付けていただいて釣行下さい。

  • 2020.03.31

    しばらく振りの釣果のお知らせです。解禁してひと月になりますが活況とはいかないのが現状です。ファンの来られる土日前に成魚放流を実施したりしていますので釣行の際には事務所にお問い合わせください。 最近で釣果の上がってる場所ですが漁協前、郵便局前、坂下四条谷、足尾谷、坂下集落近辺等で20から30尾の釣果情報が入っています。いずれも経験豊富な方の釣果ですのでなかなかこの通りには行かないと思いますが・・・・ エサはイクラを使用されているようです。暖かくなってきますと川虫が良いと思います。

お知らせ

  • 2020.07.31 いよいよ8月、友釣りも渓流魚も終盤戦です。

    2020.07.31

    今日は、葛川漁協です。 今日で7月も終わり。明日から8月という事で渓流魚のアユやアマゴの遊漁も終盤戦に入ります。 鮎の方は、6月の解禁当初を除き、土日は雨が続き、平日も増水や濁りで友釣りには適さない日々が続きました。そのせいか魚影は濃く、梅雨明けと共に好釣が期待されます。 また、アマゴ、イワナは笹濁りの方が警戒心が薄れて食い気が活発になります。梅雨明け10日と言います。釣り日和は案外少ないものです。好機を逃さず釣行下さい。 自宅から釣り場までは人と接触することなく直行されることをお勧めします。

  • 2020.07.10 週末は渓流魚釣行なら可能

    2020.07.10

    葛川漁協です。 厳しい河川状況が続いています。7/8は葛川でも国道の一時通行止めや、避難勧告などありましたが、幸い大事には至らず、交通の確保も出来ています。 川は大幅に増水して濁流となり、川の様子も大きく変わったものと思われますが、未だ水位が高いため、今少し様子を見る必要があると思います。 7/9には濁りも薄くなっており、水位は高いものの「アマゴ・いわな」狙いの渓流魚釣りなら釣行できると思います。が、川の遡行には充分な注意をお願いします。 友釣りにはもう少日数を要しましょう。

  • 2020.06.21 役員が変わりました。

    2020.06.21

    葛川漁協です。いつも大変お世話になり、かつ、応援いただき本当にありがとうございます。 つりチケのWEB立ち上げ当初からお世話になり、つりチケご利用による遊漁券の販売が渓流魚部門では事務所での直接販売に次いで第2位になるまで育てて頂きました。 本当に感謝の気持ちで一杯です。 お世話になりましたが、この度の漁協の役員改選によりまして、編集子も退陣させていただくことになりました。有意義な情報もあまり提供できず本当に申し訳なく思います。 また、釣り情報とはあまり関係のないような記事を載せるなどの失礼をお詫びいたします。 今後とも葛川漁協をご利用いただくファンの皆様、よろしくご支援いただきますようお願いいたします。 コロナが去って、みんなが楽しく川で集い川で遊ぶ事を願いまして最終のお知らせといたします。 ファンの皆様のご健康、ご多幸と釣行の際の多大の釣果を祈念いたしております。 ありがとうございました。

  • 2020.06.17 アユ漁解禁前の渓流魚釣行・・・ラストチャンス

    2020.06.17

    今日は。葛川漁協です。2~3日雨模様でしたが、初夏の青空が戻ってきました。すがすがしい山里の一日が始まろうとしています。 夏の風物詩、鮎の友釣り解禁が6/27になって、6/21には、漁協による試し釣りが予定されています。しばらくは鮎一色の話題になると思います。 そこで、今週の週末は渓流魚の釣行へのご案内です。川の様子は水位は少し高く、濁りは笹濁り程度。土日は雨マークはありません。鮎の解禁が始まると川に立ち入る釣り師が増え、警戒心の強いアマゴやイワナは岩陰に隠れてしまいます。平日はともかく土日であれば今度が最後。次はアユ漁が少し落ち着いてからの釣行となるでしょう。 渓流魚釣りファンの皆様へは週末の釣行をお勧めします。

  • 2020.06.13 本格的な雨になりました。

    2020.06.13

    今日は。葛川漁協です。朝から雨が降り続いています。今まで本格的な降雨が無かったので、この雨で水嵩も少しは増えるのではと思っています。水位の上昇は鮎にとっては遡上のチャンス。河川を元気よく遡上しているものと思います。また、新しい苔が石に付着するとさらに大きく成長するものと思います。 また、アマゴやイワナにとっても、川面の変化は食い気を活発にさせます。加えて少し濁りがあると警戒心も薄れて動き回ります。 明日はそんなに雨の心配はいらないと思っています。日曜日、釣行下さい。 アマゴもイワナも事務所職員も・・・・待っています。

  • 2020.06.11 葛川も雨です。

    2020.06.11

    今日は。葛川漁協です。いつもありがとうございます。 葛川も雨になりました。しばらくはうっとおしい日々が続くと思うと気も重くなりますが、河川の状況は小雨のため、川の濁りも少なく、ほぼ澄み切っています。 降雨の後は概して好釣果が出ています。天気予報によりますと、雨のピークは明日までという事ですので土日は雨が残っても釣行は可能と思います。大物狙いで出かけませんか?

  • 2020.06.06 鮎年券・解禁日以降10日間の日券・・・販売開始します

    2020.06.06

    葛川漁協です。いつもご利用ありがとうございます。 本日より鮎の年券ならびに解禁日以降7月6日までの日券の販売を開始しました。 年券 8,000円 日券 3,000円(解禁日から7/6までの指定の1日有効)です。 つりチケのファンの皆様は鮎の遊漁券はあまりご利用されてないのですが、今年はコロナウィルスのこともあります。接触を避ける意味でもネットでのご利用をお勧めします。 また、渓流魚の遊漁券も引き続き販売していますので是非、ご利用ください。

  • 2020.06.06 梅雨入り前の釣行・・魚影を追う

    2020.06.06

    今日は葛川漁協です。 いつも応援ありがとうございます。来週あたりから梅雨空になりそうです。小雨の中の釣行は魚の追いも良く楽しいのですが、やはり雨はイヤなもの。 梅雨入り前に是非、釣行下さい。 釣れるかどうかわかりませんが、釣り場案内に示していますように、渓流魚の未放流区間があります。坂下地区の「牛の鼻」の上流から平地区の関電ダムの間です。放流はしていませんが天然物はいます。また、人の入りにくい所ですが釣行できないことはありません。 一度、チャレンジされるのも良いかも知れません。 イワナ・あまごは本当に小さな小さな落ち込みにも潜んで獲物を待っている事があります。コツコツ釣り歩くのがコツ?でしょうか。 音を立てずに、川面に影を映さず、エサを工夫・・・・極意だそうです。

  • 2020.05.31 明日から6月、梅雨入り間近の葛川です。

    2020.05.31

    今日は。葛川漁協です。本日は朝から小雨まじりの天気です。気温も20度前後、今までの好天とは打って変わった天気になってきました。いよいよ梅雨の到来かなと思います。 今年は降雪が少なく、そのため雪どけの水も少なく、例年よりも少ない水量でずっと推移しています。釣行されている方々の話では、放流物は殆ど姿を消して天然物が多いそうです。また、放流物も放流後3月を過ぎると、川になじんで魚本来の模様に戻るようです。 鮎解禁までのひと月、渓流魚の釣行にお越しください。 明日から滋賀ではコロナ対策の感染防止も全面的に解除になるようです。コロナがなくなった訳ではありませんので道中、気を付けてお越し下さい。

  • 2020.05.26 アマゴ・いわなもいよいよ終盤戦です。

    2020.05.26

    葛川漁協です。いつもご覧いただきありがとうございます。 外出制限や自粛要請も解除され、ほぼ自由に動けるようになりました。 間もなく近畿でも梅雨に突入しても良い季節になります。当漁協でも夏のアユ漁に備えて稚鮎放流をすでに終えています。6月の末にはアユ漁が解禁となります。それ以降はアユ釣りのファンの方々の来場が殆どとなります。もちろん、アユ漁の最中でも渓流釣りは可能ですが、渓流魚は警戒心が強く、アユの釣り師が川を移動したりするとパタリと釣れなくなります。鮎解禁前の6月末までが渓流魚釣行のチャンスです。梅雨による増水等もあり今後は川面の様子も予測しづらくなります。これからのひと月、是非お越しいただき釣果を上げられますよう漁協事務所より応援のエールを送ります。